SCORE CARDBACK NUMBER

もはやメディアは必要ない。ピケが描く新時代の選手像。~選手の肉声に直接アクセスできる時代の情報戦略~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/01/22 17:00

もはやメディアは必要ない。ピケが描く新時代の選手像。~選手の肉声に直接アクセスできる時代の情報戦略~<Number Web> photograph by AFLO

『Panenka』誌インタビュー。「現代ジャーナリズムは正確性より速報性が重視される」

 年末に発売されたある雑誌がスペインで話題になっている。

 濃密な記事でコアなファンを惹きつける月刊のサッカー雑誌『Panenka』だ。同誌の特集は、バルセロナのDFジェラール・ピケが現代ジャーナリズムについて12ページにわたって語る、というもの。サッカーやプレーに関する発言は皆無で、新時代のメディア論だけを語らせた新鮮な切り口が受けている。ピケが強調したのは、選手にとってもはやメディアはほとんど必要ないということだ。

「テクノロジーの進化と、悪意を持つ一部のメディアの存在が、選手とメディアの関係を変えたんだ。ツイッターやフェイスブック・ライブ、ペリスコープの登場で、選手とファンはかつてないほど近い距離になり、記者は主役の座を奪われた。マルカはスペインで最も読まれている新聞だけど、ツイッターのフォロワーは何人いる? 400万人? それを超える選手なんてたくさんいる」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 523文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Go for the Top~2017テニス開幕特集~

Sports Graphic Number 919

Go for the Top
~2017テニス開幕特集~

 

バルセロナ
ジェラール・ピケ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ