錦織圭、頂への挑戦BACK NUMBER

“早めのフェデラー”はむしろ幸運?
全豪、錦織圭の挑戦者スイッチON! 

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph byAAP Image/AFLO

posted2017/01/17 17:00

“早めのフェデラー”はむしろ幸運?全豪、錦織圭の挑戦者スイッチON!<Number Web> photograph by AAP Image/AFLO

フェデラーやマレーらと早々の対戦となるが、「先のことは考えてません」と一試合ごとにこだわる集中力を見せている錦織。

「(フェデラーのことは)まだ考えていない」

 シード順位が上がり、グランドスラムもマスターズも準々決勝くらいまでは勝っても順当という立場になった今、錦織にとってこの道のりは精神的にかなり“しんどい”ものとなった。

 敬意を抱く対象へのチャレンジにこそ勝負の喜びを感じる錦織にとって、4回戦のタイミングでフェデラーとの一戦に挑めるというメリハリのある組み合わせは、開幕前こそ「(フェデラーとのことまでは)まだ考えていない」と言ってはいたものの、そろそろピリリとしたモチベーションになってきているはずだ。

 両者の対戦は一昨年のツアーファイナルズ以来。

 あのときも、「フェデラーはツアーで一番好きな選手。いつも初めて対戦するときのようなワクワク感がある」と話していた。

 通算の対戦成績は2勝4敗で、このところ3連敗だが、そのツアーファイナルズでのラウンドロビンでもそうだったように、得るものの多い好試合になる。

実は1回戦のクズネツォフが最も厄介だった!?

 さて、少々先走りすぎただろうか。フェデラーにたどり着くまでの3試合だが、まずは初日、世界ランク45位のアンドレイ・クズネツォフをフルセットの接戦の末に退けた。

 25歳のクズネツォフはロシアのナンバーワンで、185cm、71kgという細身ながら、フラット系の強打で強気なプレーを展開する選手である。

 3回戦までに錦織と当たる可能性のある全選手を見ても、この1回戦の相手が一番厄介ではないかと思われた。

【次ページ】 2回戦の相手は、錦織のジュニア時代の好敵手。

BACK 1 2 3 4 NEXT
錦織圭
ロジャー・フェデラー
ノバク・ジョコビッチ
アンディ・マレー
アンドレイ・クズネツォフ
スタン・ワウリンカ

テニスの前後のコラム

ページトップ