マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「小野でよかったんや」と唸らせる男。
無名の阪神2位・小野泰己は素材◎。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/11/16 07:00

「小野でよかったんや」と唸らせる男。無名の阪神2位・小野泰己は素材◎。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

明治神宮大会で小野は7回1失点ながら上武大に0-1で敗れた。ただそのピッチングは、虎党も納得の好内容だった。

「やっぱり小野でよかったんや」と言わせる投手に。

 ならば、投手陣はどうだったのか。

 勝ち星でいえば、メッセンジャー12勝、岩貞祐太10勝、能見篤史8勝に、藤浪晋太郎が7勝。

 さみしいかぎりの投手陣に、名前はなくともこんな逞しい快腕が加わるのは、間違いなく朗報であろう。

 投げるほどに球威を増してくる投手は、今のタイガース投手陣にはいない。

 富士大で1年先輩だった多和田真三郎は西武に1位指名で入団した今季、夏場から一軍のローテーションで投げ、ほとんどペナントレース後半戦だけで7勝をあげて、投手陣の一角にのし上がってみせた。

 来年の今ごろ、先輩右腕と同じような奮投を見せて、「やっぱり小野でよかったんや……」、タイガースファンたちにそんな安堵を与えている姿を想像している。

 富士大・小野泰己、素材は間違いない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
小野泰己
富士大学
阪神タイガース

プロ野球の前後の記事

ページトップ