ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

松山英樹、アジア勢初のWGC優勝。
AONと違う道で世界ランク6位の意義。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byYouichi Katsuragawa

posted2016/11/05 11:30

松山英樹、アジア勢初のWGC優勝。AONと違う道で世界ランク6位の意義。<Number Web> photograph by Youichi Katsuragawa

世界で戦う日本人アスリートは、ここ近年大きく注目を集めている。松山の実績ならスポットライトをもっと浴びてもいいはずだ。

「変わっていくことを信じて、僕は頑張り続けたい」

 松山が他のスポーツを毛嫌いしているわけでは決してない。とくに野球が好きだから、米国に拠点を移してからも、甲子園の様子もチェックするし、今回中国でも日々のラウンドを終えた夜は日本シリーズの動向を気にしていたらしい。

 ただただ、プロゴルファーであることへのプライドは揺るぎないものがある。ゴルフには野球にだって、サッカーにだって、テニスにだって負けない魅力と興奮があるはずだ―――。そんな気概を、あのとき強く感じた。

 まだわずかだが月日は流れ、松山は加速度を保ったまま進化してメジャー制覇への準備を整えてきた。愛想だってちょっとは、いや結構、良くなった(はずだ)。

 冒頭のインタビューの最後。「日本のゴルフ界へも影響は大きいのでは?」と問われた松山は「変わっていくことを信じて、僕は頑張り続けたい」と言った。自分が勝ち続けることで、変えられるものがある。

 世界一へと続く物語はまだ序章である。

国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!
「ゴルフダイジェスト・オンライン」   http://news.golfdigest.co.jp/

関連記事

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!

BACK 1 2 3 4
松山英樹
中嶋常幸
尾崎将司
青木功

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ