SCORE CARDBACK NUMBER

松山英樹と石川遼は、どんな「チーム」
になるか。~ショットを打つ前にどんな
話し合いをするのかも楽しみ~ 

photograph byAFLO

posted2016/11/06 17:00

松山英樹と石川遼は、どんな「チーム」になるか。~ショットを打つ前にどんな話し合いをするのかも楽しみ~<Number Web> photograph by AFLO

10月に行われた国内メジャー日本オープンでは2人が同組でまわり、松山は優勝を飾った。

 日本のゴルフ界にとって大きな期待が持てる大会が迫ってきた。松山英樹と石川遼が初めてタッグを組んで出場する「ワールドカップ」(11月24日開幕・豪州)だ。自分自身、2002年、メキシコで開催された大会に伊澤利光さんと出場して優勝(日本代表として45年ぶり2度目)した経験はあるが、あの時は全体から見れば、ダークホース的な存在だった。ただ、今回は世界的に実力が認められた2人で、完全な優勝候補だと思う。


 自分の経験から言えば、ダブルスで戦うワールドカップで勝つには、何よりも2人の“ハーモニー”が大事だと感じた。伊澤さんは2歳年上だったが、自分が小学6年生の時から知っていて、兄弟のような関係だった。その前の日本開催のワールドカップでも一緒にプレーしていたし、絆があった。だから、ショットを打つ前に「こう攻めようと思う」「それ、いいね」と、ほとんど考えが一致していた。自分はリカバリーするプレーが得意だったし、伊澤さんも自分のそういう部分をリスペクトしてくれていた。お互いに認め合いながら、2人とも実力を出し切れたのが勝因だったと思う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 449文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

男たちの日本シリーズ。~広島vs.日本ハム 6戦の物語~
松山英樹
石川遼
丸山茂樹

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ