セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

セリエAで選手vs.監督の親子対決!
シメオネ、ハジの息子も父超えなるか。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/11/03 07:00

セリエAで選手vs.監督の親子対決!シメオネ、ハジの息子も父超えなるか。<Number Web> photograph by AFLO

監督・エウゼビオと選手・フェデリコ。ダービーで直接対決したディフランチェスコ親子は何を思っただろうか。

シメオネの息子はFWだが、負けん気の強さは親譲り。

 フェデリコ以外にも、今季のセリエAには活きのいい注目の2世選手たちが目白押しだ。

 ジェノアでは、FWジョバンニ・シメオネがデビューした。父ディエゴは言わずと知れたA・マドリーの闘将だ。

 有名選手を父に持てば、周囲はちやほやしてくれるが、一方でその代償はある。

「リバープレートでサッカーを始めたときから、同年代のチームメイトたちから後ろ指を差された。“あいつは親のコネだぜ”ってレッテルを貼られた。心底仲間だって認めてもらえないんだ。だから、“ディエゴの息子”と言われることには小さい頃から大嫌いなんだ」

 選手の息子たちは多かれ少なかれ、父の影響でサッカーに夢を抱く。しかし、多くは名前の持つ重みに破れて、プロにすらなれない。

 ジョバンニは、二世扱いへの反発と“親の七光り”と妬む周囲との軋轢を乗り越え、U20アルゼンチン代表にまでたどり着いた。'15年に行われた同年代の南米選手権で得点王になり、かつて父が活躍したセリエAから声がかかった。

「風邪なんか引いてないか」と心配する“親父像”。

 鼻から下が父親そっくりなジョバンニは、もともと星を見るのが好きなロマンチストで、子供の頃の夢は「NASAで働くこと」。あえてサッカーを無理強いしなかったことが、今も父子の強い信頼関係の根っこにある。

「今でも試合の前と後には、いつも電話でパパの声を聞く。パパが最初に聞いてくるのは(一般の父親同様)決まって『メシは食ったか』とか『風邪なんか引いてないか』ってこと」

 シメオネJr.は、幼い頃から自覚している。

「パパと比較されるのは意味がない。パパと俺は2人の異なる選手だから」

 今季のフィオレンティーナにも、2人の大物Jr.がいる。かつての名FWエンリコ・キエーザの息子フェデリコは18歳にしていきなり開幕スタメンに抜擢された。ルーマニアの英雄ゲオルゲ・ハジを父に持つMFヤニスのデビューも、フィレンツェのファンは心待ちにする。

【次ページ】 試合後、スーツ姿の父は汗のにじむ息子を抱きしめた。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

セリエA
エウゼビオ・ディフランチェスコ
フェデリコ・ディフランチェスコ
ジョバンニ・シメオネ
イアニス・ハジ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ