フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

スケートカナダは予想外の展開に。
P・チャン連覇と羽生結弦2位スタート。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2016/10/31 17:30

スケートカナダは予想外の展開に。P・チャン連覇と羽生結弦2位スタート。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

羽生は、過去最高の成績を残した昨季も含め、なぜか5年連続でGP初戦では2位となっている。より高い目標を目指し……挑戦は続く。

羽生、フリーで一気に追い上げ2位まで挽回!

 翌日のフリーでは、羽生がどこまで追い上げるかに注目が集まった。

 新プログラム『Hope and Legacy』で冒頭の4ループが、SPのときと同じような降り方で失敗。だが続いた4サルコウはきれいに着氷した。2度目の4サルコウが2回転になったものの、後半の4トウループはきれいに成功させ、残り2度の3アクセルなどをノーミスで滑り切った。前半のミスはあったものの、4回転2度、3アクセルも2度とも成功させてフリー183.41、総合263.06に。

「昨日よりはちょっと修正できたかなと。変な緊張感とかは、なかったです」と演技後はコメント。

 シーズン初戦の「オータムクラシック」では、4ループの成功はあったが後半でバテてミスが出た。ここでは事前の6分間ウォームアップを抑え気味にして体力を温存し、ループのミスはあったものの後半ノーミスで滑り切ったことで手ごたえを感じたという。「少しだけ達成感があります」ともコメントしている。

チャン、昨年に続いて地元のGP大会を連覇。

 パトリック・チャンは冒頭の大きな4+3トウループを成功させ、続いた3アクセルも着氷。だが試合で初挑戦した4サルコウで転倒した。後半は息切れしてジャンプが2回転になるなどのミスがあり、フリー176.39で2位。だが総合266.95で逃げ切った形での優勝となった。

「4サルコウは回転できたことは良かったが、エネルギーを奪われてしまって後半失速してしまった」と会見で語った。

 結局羽生は昨年度のこの試合と同じ結果で2位。

 だが今シーズンは、さらにレベルアップした内容のプログラムだけに、時間をかけて完成させていくのも戦略のうちだ。

 シーズンはまだ始まったばかりで、最後まで息切れせずに体調を維持していくことが最優先だろう。今季の羽生が、これからどのように進化していくか楽しみだ。

 3位は4回転を3度成功させたケヴィン・レイノルズ。無良はジャンプの着氷の乱れが重なり、総合8位に終わった。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
羽生結弦
無良崇人
宮原知子
本郷理華
永井優香
エフゲニア・メドベデワ
ケイトレン・オズモンド
ケヴィン・レイノルズ
パトリック・チャン
エリザベータ・トゥクタミシェワ

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ