フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

スケートカナダは予想外の展開に。
P・チャン連覇と羽生結弦2位スタート。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2016/10/31 17:30

スケートカナダは予想外の展開に。P・チャン連覇と羽生結弦2位スタート。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

羽生は、過去最高の成績を残した昨季も含め、なぜか5年連続でGP初戦では2位となっている。より高い目標を目指し……挑戦は続く。

日本の女王・宮原が、フリーで盛り返し3位入賞!

 翌日のフリーでは、宮原が『スター・ウォーズ』とホルストの『惑星』をアレンジした新プログラムで、3ルッツ+3トウループなどを含む3回転を7度着氷。2度目の3ルッツと3サルコウは回転不足の判定を受けたものの、フリー126.84で3位、総合でも3位に上がってGPファイナルへの望みをつないだ。

「もっといい点数がでなかったのは悔しかったですが、ショートよりは良かったと思います」そう語った宮原は、ジャンプ1つ1つがしっかり上がるように意識して跳んだと語った。

 意外だったのは、ステップシークエンスがリンクの使い方が十分ではないという理由でノーポイントになったことだった。翌日映像で確認したという宮原は、ステップの判定について聞かれるとこう語った。

「前回の試合ではきっちりレベルをとっていたので、判定する人によってちょっと分かりにくいステップだとこういうこともあると思ったので、誰が見ても大丈夫なようなステップをという話を先生としました。もしかしたら(ステップシークエンスの)形だけは変えるかもしれません」

世界女王メドベデワ優勝。オズモンドは4年ぶりのメダル。

 SP1位だったメドベデワが、フリーでは7度の3回転を成功させて144.41を獲得、総合220.65ともにトップを保ち、優勝した。

 ケイトレン・オズモンドはSPほどの勢いはなかったものの、ミスを最低限に抑えてフリー132.12、総合206.45で2位となり、4年ぶりにこの大会の表彰台に返り咲いた。

「昨年の体験でもっと真剣にトレーニングをする必要性を痛感した。久しぶりにこのような滑りを見せることができて嬉しい」とコメントした。

 本郷理華はジャンプの回転不足の判定が多く、フリー8位、総合6位。永井優香はフリーではミスを最小限に抑えて7位と健闘したものの、SPでの遅れを取り戻せず11位に終わった。

 ステップのレベル分け、ジャンプの判定を行うのは、ジャッジではなくテクニカルパネルの仕事である。これはテクニカルスペシャリスト、アシスタントテクニカルスペシャリスト、そしてテクニカルコントローラーの3人から構成される。そのときのメンバーによって大会ごとに微妙に判定が異なることは、それほど珍しいことではない。だが本大会の女子のテクニカルパネルは、宮原のステップに限らず、ジャンプの不正エッジコール、回転不足の判定が他の試合に比べてかなり多く、全体的に厳しい判定だったという印象を受けた。

【次ページ】 「切りかえます」。羽生、まさかの4位スタート。

BACK 1 2 3 4 NEXT
羽生結弦
無良崇人
宮原知子
本郷理華
永井優香
エフゲニア・メドベデワ
ケイトレン・オズモンド
ケヴィン・レイノルズ
パトリック・チャン
エリザベータ・トゥクタミシェワ

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ