マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

ドラフト直前、スカウトが語る悩み。
腕の見せ場は4~5位の「井端や赤星」。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2016/10/13 17:00

ドラフト直前、スカウトが語る悩み。腕の見せ場は4~5位の「井端や赤星」。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

井端弘和は1997年のドラフト5位で中日に入団した。中位以下の指名でスターを獲るのがスカウトにとっての見せ場なのだ。

「未練が残るのは、渋く光ってる選手のほうなんですよ」

 大阪ガス・青柳匠遊撃手(26歳・179cm72kg・右投右打・亜細亜大)。

 梅津とは対照的に、スマートな身のこなしで打球を吸収するようにさばくフィールディングと、変化球もしなやかなスイングで右中間、左中間へ弾き返すバッティング。ここ一番で、野手のいない場所を抜いていく勝負強さは、巨人・坂本勇人タイプだろうか。

 いずれも、都市対抗野球でおなじみの、社会人球界を代表する内野手にのし上がり、今もチームの中枢としてプレーを続けている。

「不思議と、その年の“目玉”みたいな大看板のことを、ああ、あの選手がいれば……みたいに未練を残すことはないんです。いつまでもこだわってるのは、梅津や青柳みたいな渋く光ってる選手のほうなんですよ」

井端や赤星のような選手を推せるかが腕の見せ所。

 スカウトたちが最も興味を持つのは、他球団の“下位指名”の顔ぶれだという。

「将来エースになったり、ローテーションピッチャーになったり、クリーンアップを打つような選手は、自分たち、わかってるから。逆に、チームになくてはならない脇役をどれだけ獲れるかが“腕”だと思ってます。井端(弘和・元中日、巨人)とか赤星(憲広・元阪神)だって4位、5位でしょ。彼らほどいかなくても、たとえば今の選手だったら、西武の渡辺直人みたいな選手を、どれだけ確信を持って推せるのか。それが、本当のスカウトの腕じゃないですかね」

 そう言いながら、今年もそのスカウトは最後の最後まで、迷い、悩んでいる。

「亜細亜の法兼(駿・内野手・高知高)なんか、絶対面白いと思ってるんだけど……。足もあるし、野球も上手いし、勝負度胸もあるし、肩も治ってるみたいだし。レギュラーはちょっときびしいですよ、プロじゃ。でもね、ああいうのがいると、ゲームになった時に、ほんとに重宝するんですよ」

関連記事

BACK 1 2 3
梅津正隆
青柳匠
井端弘和
赤星憲広

プロ野球の前後の記事

ページトップ