スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

今季の箱根は青学の独壇場なのか。
出雲駅伝で感じた「新3強時代」。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2016/10/11 12:30

今季の箱根は青学の独壇場なのか。出雲駅伝で感じた「新3強時代」。<Number Web> photograph by Kyodo News

大きなトラブルが無ければ三冠は可能と強気のコメントを残した青学大の原監督。出雲での強さは、十分な説得力を持っていた。

駒大「このままだと青学にやられちゃうな」

 もちろん駒大、東洋大も巻き返しを図っている。

 駒大はエースの中谷圭佑(4年)をケガで欠いたのが響いた。

「このままだと、青学に(三冠を)やられちゃうな。なんとかしないと」

と大八木弘明監督は危機感を募らせる。

 想定外の9位に沈んだ東洋大の酒井俊幸監督は、

「優秀な高校生をどれだけ取るか、そこで勝負が決まってしまっては面白くないですよね。なんとかチームを立て直したいと思っています」

と話す。

 2016年の大学駅伝。

 力を示すグラフの曲線が交錯するシーズンだ。

 パラダイム・シフトのシーズン、ここで結果を出せるかどうかは、来年、そして2018年へとつながっていく。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

青山学院大学
東海大学
原晋
両角速

陸上の前後のコラム

ページトップ