モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

親子鷹GPライダーの目標へ着々。
佐々木歩夢16歳、圧倒的な成長曲線。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2016/10/09 07:00

親子鷹GPライダーの目標へ着々。佐々木歩夢16歳、圧倒的な成長曲線。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

元GPライダーの父・慎也さん(左)と佐々木歩夢(右)。最終戦で優勝してチャンピオンを決めた。

夢という言葉は使わず、すべて目標という言葉で語る。

「ルーキーズにチャレンジした去年は、ヨーロッパのサーキットが初めてだったし、それにヨーロッパのライダーはアグレッシブだったので、ちょっと引き気味だった。でも、今年はルーキーズでは自分がトップだと思っていたし、自信もあった。チャンピオンを獲って当然だと思っていた」

「一年目のCEVは初めてのワークスバイク(グランプリと同じ仕様のバイク)でセッティングにちょっと悩んでしまったけれど、だんだん良くなっている。今年はチャンピオンの可能性はなくなったけれど、残りのレースで優勝を狙いたい」

「来年はMotoで1番高いレベルのグランプリで戦いたい。グランプリでは、学ぶというよりは、いままで学んできたことを生かしてトップ争いしたい。ルーキーズは、自分にとっては、ひとつのステップ。Moto3、Moto2、MotoGPとあるので、気をゆるめずに頑張っていきたい」

 これが10月に16歳になったばかりの佐々木のコメントである。今年の初めにも書いたが、彼は、夢という言葉は使わず、すべて目標という言葉で語ってくれる。1年後、2年後にどんなライダーに成長しているのだろうか。これもまた、今年の初めに書いた言葉だが、実に楽しみな選手である。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

佐々木歩夢

MotoGPの前後のコラム

ページトップ