SCORE CARDBACK NUMBER

中冨のWSB参戦に見えた、「全日本」の地盤沈下。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2006/01/12 00:00

中冨のWSB参戦に見えた、「全日本」の地盤沈下。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

 全日本最高峰クラスJSBに参戦している中冨伸一の、スーパーバイク世界選手権(WSB)参戦が決まった。このクラスには、芳賀紀行、阿部典史(いずれもヤマハ)、加賀山就臣(スズキ)、そしてスーパースポーツ選手権に藤原克昭(ホンダ)が参加している。中冨の参戦で、同シリーズには5人の日本人選手が参加することになる。

 しかし、グランプリ(WGP)を経験してWSBにスイッチしてきたこれまでの選手たちとは対照的に、中冨は海外レースの最初の舞台がWSBとなる。中冨は'00年にホンダで全日本250ccクラスのタイトルを獲得。その後、ヤマハに移籍してJSBに参戦し、今年は2勝を上げて総合4位という成績を残した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 622文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表「対戦国を語る」W杯に見る夢。

MotoGPの前後の記事

ページトップ