SCORE CARDBACK NUMBER

テスト激減の果てに
モトGPを待つ未来とは。
~縮小するメーカーの存在感~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2010/01/07 06:00

テスト激減の果てにモトGPを待つ未来とは。~縮小するメーカーの存在感~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

最終戦バレンシアGP直後に行なわれたテストの模様。ライダーはA・ドヴィツィオーゾ

 不況の影響で、モトGPのテストが大幅に減らされた。最終戦バレンシアGPの直後に行なわれた11月9日からの3日間を最後に、来季からモトGPクラスにスイッチするルーキーたちの特別テストを除き、2月上旬のマレーシアまで約3カ月間は事実上のオフとなった。12月から1月まではテスト禁止期間だが、そんなルールが必要ないほど動きのない日々が続く。

 そもそもは、過熱する開発競争でオフシーズンのなくなったライダーやスタッフのために、テスト禁止期間を設けたのが始まりである。その後、ミシュランとブリヂストンの間でタイヤの開発競争が激しくなり、高騰するコストを抑制するためにテスト日数を制限した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 603文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

南アフリカW杯 対戦国研究。日本の論点2010

関連記事

MotoGPの前後の記事

ページトップ