F1ピットストップBACK NUMBER

マンセル電撃引退から24年――。
マッサの会見にウイリアムズの情が。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/09/11 07:00

マンセル電撃引退から24年――。マッサの会見にウイリアムズの情が。<Number Web> photograph by Getty Images

引退会見で妻、愛息、父親とともに写真に収まったマッサ。2008年はわずか1ポイント差で年間王者に届かなかった。

「ウイリアムズでF1人生の幕を引けて本当に幸せだ」

 ベテランのブラジル人ジャーナリストのリビオ・オリッキオは、いつもと違うマッサのことが強く記憶に残っていたという。

「フェリペは嘘をつけない人間だから、表情や言葉のはしばしに本音がにじみ出ていたんだ。イタリアGPが行われるモンツァで何らかの発表を行うってね」

 だが、オリッキオはそのことを記事にしなかった。なぜなら、それはマッサが自分で下した引退という決断だと悟っていたからである。自分が書いた記事によって、その決断を台無しにはしたくない。マッサの口から発表してほしかったからだ。

 2016年9月1日、イタリア・モンツァ。ウイリアムズのスタッフ、家族、メディアに囲まれながら、マッサはこう語った。

「長年僕を支えてきてくれた全ての人にも心から感謝したい。そして、ウイリアムズという伝統あるチームで、自分のF1人生に幕を引くことができるなんて、本当に幸せだ!!」

 その言葉を、ウイリアムズ代表はどんな思いで聞いていたのだろうか。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ナイジェル・マンセル
フェリペ・マッサ
デーモン・ヒル
ジャック・ビルヌーブ
アラン・プロスト
ネルソン・ピケ
アイルトン・セナ

F1の前後のコラム

ページトップ