マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

秋にのんびりしてる選手は“消す”。
ドラフト目前、今見たい選手たち。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2016/09/06 11:00

秋にのんびりしてる選手は“消す”。ドラフト目前、今見たい選手たち。<Number Web> photograph by Kyodo News

京都翔英の石原は、高校通算42本塁打。身長は169cmだが、体重は90kgに迫る。その長打力は本物だ。

一見エアポケットのこの時期に、もう一度本気に。

 かつて、狙いをつけた選手の“素”を知りたくて、グラウンドの隣りの病院の屋上に上り、練習前のグラウンドに一心にホースで水をまいている彼の姿を見下ろして、「間違いなし!」と指名を決めたスカウトがいた。

 日本ハム、DeNAで長くレギュラーを張って活躍した森本稀哲選手の高校時代の姿だ。

 高校球児のフィジカルの実力を見極めるのが夏なのであれば、彼らの“心根”を確かめる秋がなくてはならぬ。

 プロを志す高校球児3年の秋は、決して「休息の秋」ではない。

 最後の夏が終わっても、まだ僕たちは見ているよ、君たちを。もう終わったんだとのんびりしていると、今からだって消すよ、リストから。そのほうがお互いのためだから。

 一見エアポケットのようなこの時期こそ、本気でプロを志す者にとっては、もう一度“本気”になってほしい時期なんだ。

 そういう風を起こせるのも、プロ野球の世界で唯一、アマチュアとの接点を持てるスカウトたちのもう1つの能力であり、責務なのではないだろうか。

 季節はもうすぐそこまで、「ドラフトの秋」がやって来ている。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
森本稀哲
谷岡竜平
石原彪

高校野球の前後の記事

ページトップ