“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

インハイは「就活ラストチャンス」。
4人の3年生が見せたJ内定への執念。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2016/08/17 08:00

インハイは「就活ラストチャンス」。4人の3年生が見せたJ内定への執念。<Number Web> photograph by Takahito Ando

高は市船のコンダクターとして中盤に君臨。9度目のインハイ制覇を成し遂げる原動力になった。

東福岡を撃破した昌平MF針谷にも大きな賞賛が。

 インターハイ初出場の昌平で攻撃の中枢を担う、松本と針谷もこのインターハイで人生が変わろうとしている。もともと今年のチームの前評判は高く、2人も注目の存在だった。だが、Jクラブに声が掛かるまでには至っていなかった。

 しかし、今大会では2回戦で東福岡を3-2で撃破をすると、一気に準決勝まで駆け上がって行った。準決勝で市立船橋に敗れたが、5試合でチームの総得点10ゴールを、FW本間椋を含めた3人で叩き出した(本間4、松本3、針谷3)。

 この3人の中で一番評価が高かったのが針谷で、彼のパスセンスの高さと、ボールキープのうまさと姿勢の良さは、賞賛の声が上がった。8月11日から静岡で開催されたSBS杯U-19日本代表に選出されるなど、注目度は格段に上がり、Jクラブの興味も高まっている。

針谷の盟友、松本は本領発揮とはいかなかったが……。

 一方で松本は本間、針谷に比べて、持っている力をフルに発揮したとは言えなかった。

「自分がもっと上手くならないと、このチームは上がって行かない。一つの練習に対しても率先して声を出して、戦う気持ちを前面に出して行くようにしています」と、今年に懸ける想いが強く、貪欲な姿勢を貫いてきたが、今大会は左サイドからのダイナミックな仕掛けが影を潜め、躍動したとは言い切れなかった。

 だが今後、彼のポテンシャルに目をつけたJクラブが現れれば、彼は巡って来たチャンスを掴まんと、より研ぎ澄まされた闘争本能と打開力を駆使して、さらに奮闘を見せるはずだ。

 ラストチャンス。

 真夏の広島を全力で駆け抜けた4人の男たち。彼らが放った覚悟の輝きは、周りを引きつけ、自身の将来を切り開こうとしている。

 もちろん、そこにはチャンスを掴みきれない可能性は確かに存在する。だが、彼らが心の底から紡ぎ出した覚悟は、そんなネガティブな要素をかき消すほど、意欲に満ち溢れている――。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
高宇洋
安部裕葵
松本泰志
針谷岳晃
市立船橋高校
昌平高校
瀬戸内高校

高校サッカーの前後の記事

ページトップ