スペインサッカー、美学と不条理BACK NUMBER

バルサのカンテラは終わったのか。
「強すぎるトップチーム」の弊害。

posted2016/08/05 11:00

 
バルサのカンテラは終わったのか。「強すぎるトップチーム」の弊害。<Number Web> photograph by AFLO

カンテラ育ちのための席が減り続けるバルサで、サンペールは居場所を確保することができるだろうか。

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph by

AFLO

 ルイス・エンリケ体制3季目を迎えたバルサのプレシーズンが始まった。

 7月19日に始動したチームは、同25日からイングランドのセント・ジョージズ・パークで5日間のミニ合宿を行い、同30日にセルティックと今夏初のテストマッチを行った。

 例年通り、主力組の大半が不在のこの合宿にはバルサBやフベニール所属のカンテラーノが多数参加。セルティック戦では11選手にプレー機会が与えられ、そのうち9人はこの試合でトップチームデビューを果たしている。

 しかしその中で、今後もトップチームでチャンスを得られそうな選手は1人もいない。少なくとも今季についてはそう断言できる。

 かれこれ10年以上も欧州トップレベルを維持するトップチームの陰で、かつて世界最高の育成機関と称えられたラ・マシアはここ数年、冬の時代と言える状況が続いている。

 特にルイス・エンリケが就任した一昨季からは、各ポジションに即戦力の補強を進めたことで、トップチームへの扉を閉ざされた多くの若手有望株がクラブを去っている。

 しかもクラブは手塩にかけて育ててきたカンテラーノの多くを、破格の安値で放出してきた。今夏も例外ではない。

4番手のCBをわずか800万ユーロで放出。

 最も驚いたのはバルトラのドルトムント移籍だ。

 トップチーム所属4季目の昨季も、ピケ、マスチェラーノ、マテューに次ぐ4番手の序列は変わらず、全公式戦を合わせて24試合の出場にとどまった彼が移籍を決意したことは理解できる。

 驚いたのは過去2シーズンを通して規定の出場時間に至らなかったことで、彼の違約金が4000万ユーロから800万ユーロに激減していたことだ。

 ルイス・エンリケの信頼を勝ち取ることはできなかったものの、バルトラのポテンシャルは誰もが認めるところである。先のEURO2016でもスペイン代表に名を連ねた25歳の価値を考えれば、どう見積もっても800万ユーロは安すぎる。

 そのような条件を認めていたこと自体がまず驚きだが、そんな状況下でも「彼のことは心配していない。出て行かせはしないよ」と根拠のない余裕を見せていたロベルト・フェルナンデスSDの場違いな発言にも疑問を抱かされた。

【次ページ】 サンドロ、モントーヤはなんと無償での移籍。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ルイス・エンリケ
バルセロナ
マルク・バルトラ
ロベール・フェルナンデス
サミュエル・ウムティティ
セルジ・サンペール

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ