Number ExBACK NUMBER

宇佐美貴史が考える、
「EUROで一番うまいヤツ」。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2016/06/16 14:30

宇佐美貴史が考える、「EUROで一番うまいヤツ」。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

日本の誇る点取り屋は、EUROの注目する選手について、対戦経験や共にプレーした経験を交えながら熱く語ってくれた。

予定を越えてヒートアップするトーク。

 まず、一番注目している選手として名が挙がったのはフランス代表のマルシャルだった。彼のドリブルの仕掛け方、なかでもボールの持ち方について、宇佐美は極めて詳細に言葉で表現していく。マルシャルのドリブルは、フィジカルの強さや速さを生かすのみととらえられがちだが、日本を代表するテクニシャンの目を通すと、その高度なテクニックの秘密が見えてくる。

 続いてトラップ、シュート、パスと“EUROで一番うまいヤツ”を項目ごとに詳しく答えてもらうと、インタビューの終了時刻が近づいてきた。ところが、最後にこのEUROで台頭してほしいサッカーのスタイルについて聞くと、予定を越えてヒートアップ。サッカーファンなら誰もがニヤリとしてしまいそうな、彼らしいメッセージをもらうことができた。さっきまでのトップ選手らしい技術論とは打って変わって、まさにサッカー小僧の熱い想いだ。

「チャンピオンズリーグで、バイエルンもバルサもやられてしまったじゃないですか。いや俺は、アトレティコも好きですし、見ていて感動するレベルにすごいと思いますよ。でも、スタイル的に認めることはできないんですよね。だからEUROでは、堅守速攻とは相反するスタイル、技術で相手を圧倒するスタイルで波乱を起こすチームに出てきて欲しい。そんな期待を持って、もちろんEUROは観ます。絶対観ますよ」

果たしてEUROで観るべきうまいヤツは誰なのか? じっくりと考えてくれた宇佐美のセレクト、そして明瞭な解説は、Number904号(「EURO 2016 FRANCE 日本代表が語る優勝国予想。」)でお愉しみください。
EURO 2016 FRANCE日本代表が語る優勝国予想。

関連記事

BACK 1 2
宇佐美貴史
フィリップ・ラーム
アントニー・マルシャル

海外サッカーの前後の記事

ページトップ