ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

大迫勇也が「ホームシック」?
ドイツ紙の記事が出た背景とは。

posted2016/05/21 17:00

 
大迫勇也が「ホームシック」?ドイツ紙の記事が出た背景とは。<Number Web> photograph by Dennis Grombkowski/Bongarts/Getty Images

ケルンでの2シーズン目、開幕戦ゴールで話題をさらったが、それが今季唯一のゴールに。厳しいシーズンを越えて再起を期す。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

Dennis Grombkowski/Bongarts/Getty Images

「オオサコはホームシックにかかっている」

 そんなニュースがドイツメディアに出たのは今月はじめのことだった。

 そんな報道を受け、大迫勇也は困惑しながら、こう話した。

「ホームシックも何も、こっちに家族も一緒にいるので。『日本の春の季節はどう思いますか?』みたいな感じで聞かれて、『桜もキレイで、すごく良いですよ』と通訳を通して答えたら、そういう報道になりました。気にはしていないですが、その記事を見た色々な人から連絡がきたから……」

 もちろん、本意と異なる報道が出るのは、ドイツメディアの質が問われる問題だ。

 その是非は問うまでもないが、その記事が出た背景にあるのは、大迫が苦しんだ要因を探ろうとして彼らがインタビューに臨んだということだ。

第1節のゴールがシーズン唯一の得点だった。

 ブンデスリーガの1部に所属する日本人10選手のなかで最も早く、第1節にゴールを決めたのが大迫だった。

 しかし、その後にゴールを積み重ねることはできず。今シーズンはスタメンが14試合、途中出場が11試合、1ゴール、1アシストに終わった。

 昨シーズン終盤に4-4-2のフォーメーションで結果を残し、大迫も最後にはレギュラーとなり、最終節ではゴールも決めた。

「昨シーズンの最後のほうとかはけっこう手ごたえもあって、2トップを組んだウジャ(現ブレーメン)も動くタイプだったから、自分も前に行けたし、良い形でできていたけど……」

 今シーズンに臨むにあたりシュテーガー監督はプレシーズンから4-1-4-1を採用。そのなかで大迫はセンターハーフやサイドのMFとして起用されることも多かった。このフォーメーションには多くの選手が戸惑いを見せており、開幕からほどなくして変わることになったのだが……。

【次ページ】 開幕戦でゴール、しかし怪我が。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大迫勇也
ケルン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ