F1ピットストップBACK NUMBER

F1開幕戦で堪能できた高度な情報戦。
フェラーリとメルセデス、至高の戦略。

posted2016/03/27 11:00

 
F1開幕戦で堪能できた高度な情報戦。フェラーリとメルセデス、至高の戦略。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

現在のF1では、ドライバーがレース戦略を考えるのではない。チームのストラテジスト(戦略担当スタッフ)が膨大なデータをもとに考えているのだ。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Hiroshi Kaneko

 21世紀に入ってからのベストレースを挙げるとしたら、あなたは何を選ぶだろうか。

 2005年と2006年の2年連続でのフェルナンド・アロンソ対ミハエル・シューマッハのテール・トゥ・ノーズのバトルだろうか。

 2005年の日本GPでのライコネンの大逆転劇も興奮したし、最終戦の最終コーナーでタイトルが決着した2008年のブラジルGPはいま見ても鳥肌が立つエンディングである。

 そのほか、日本人としては、2004年アメリカGPでの佐藤琢磨の表彰台や、2012年日本GPでの小林可夢偉の表彰台も忘れられない。

 しかし、私は最近のF1でベストレースをひとつ挙げろと言われれば、迷わず2010年の最終戦アブダビGPを推す。

 理由は、ランキング上位4人にタイトルの可能性が残された最終戦は、単にドライバー同士の戦いだけでなく、チーム同士もさまざまな駆け引きを行い、戦略が勝負の綾となったレースだったからである。

 今年の開幕戦、オーストラリアGPもそんなレースのひとつだった。

 最終的にニコ・ロズベルグ、ルイス・ハミルトン、セバスチャン・ベッテルという順位で収まったが、そこに至るまでには濃密な勝負の駆け引きがあった。

フェラーリとメルセデスの知略が火花を散らす!

 レースはスタート直後に1-2体制を築いたフェラーリと、予選でフロントロウを独占しながら出遅れたメルセデスAMGの対決となった。

 次にレースが動いたのは、1回目のピットストップだった。フェラーリはトップのセバスチャン・ベッテルと2番手を走行していたキミ・ライコネンに、スタート時と同じスーパーソフトを装着させる。このスーパーソフトは前日の予選のQ3で、メルセデスAMG勢が2回行ってフロントロウを独占したのに対して、タイムアタックを1回しか行わずに温存しておいたタイヤだった。もちろん、そのことはメルセデスAMG陣営も把握していた。

「フェラーリがその新品のスーパーソフトで来ることは予想していたから、われわれは1回目のピットストップで別の戦略を採った」(ロン・メドウズ/メルセデスAMGチームマネージャー)

【次ページ】 メルセデスはチームの2台に別々の作戦を敷いていた。

1 2 3 NEXT
フェルナンド・アロンソ
ルイス・ハミルトン
ニコ・ロズベルグ
セバスチャン・ベッテル
キミ・ライコネン
ミハエル・シューマッハー

F1の前後のコラム

ページトップ