SCORE CARDBACK NUMBER

“豪速”メルセデスに挑戦できるのは誰か?
~空力、トルク、パワーすべて向上~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/04/08 10:00

“豪速”メルセデスに挑戦できるのは誰か?~空力、トルク、パワーすべて向上~<Number Web> photograph by Getty Images

開幕戦優勝のハミルトンがインタビューに来たシュワルツェネッガーと“I will be back!”。

 開幕戦オーストラリアGPで2位ロズベルグに1.360秒差で勝ったハミルトンだが、実は「タイトル防衛戦略」にのっとった、見た目以上の“独走ゲーム”だった。

 レースタイムは1時間31分54秒067。もっと速く走れたはずだが、そうしなかったのは今季パワーユニット(PU)規定で1基減り年間4基制限になったから。ドイツGP中止が決定し、'15年は全19戦。昨季と同じGP数を4基でカバーするには、1つのPUに全力負荷をかけすぎぬよう温存する必要がある。長丁場を意識したハミルトンのペース配分に、タイトル防衛の心構えが窺える。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ニコ・ロズベルグ
ルイス・ハミルトン
メルセデスAMG

F1の前後のコラム

ページトップ