Jをめぐる冒険BACK NUMBER

風間体制5年目でついに化けた!?
川崎フロンターレ、快進撃の秘密。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2016/03/16 10:50

風間体制5年目でついに化けた!?川崎フロンターレ、快進撃の秘密。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

8位、3位、6位、6位(前期5位/後期7位)という過去4年間の総括なるか?

修正ポイントを自覚しつつ首位という良い状況に。

 名古屋戦で松田力に決められた1失点目は、エドゥアルドが大久保に丁寧なくさびを入れていたら、車屋と中村が松田からボールを奪い取れていたら、中村や大島が松田に付いていくことができたら、エドゥアルドが二歩前にポジションを取れていたら、生まれていないものだった。

 永井謙佑に決められた2失点目も、谷口彰悟が中へのコースを切っていれば、エウシーニョが永井の進入コースに立つことができれば、防ぐことができた。

 勝負事に「たら・れば」は禁物だ。しかし、川崎にとって失点シーンにおける「たら・れば」は、そのまま伸びしろにほかならない。

 相手に寄せるスピードが格段に速くなっている大島は言う。

「課題はたくさんありますけど、修正すべきポイントが分かっているものが多い。それでいて首位に立てているのは、ある意味、一番いい状況かもしれません」

 攻撃で淀みなく溢れるアイデアとインテリジェンスを、もう少しリスクマネジメントに注ぐことができれば、7年ぶりの単独首位は春の珍事では終わらないはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
風間八宏
川崎フロンターレ
大久保嘉人
中村憲剛
森本貴幸
湘南ベルマーレ
サンフレッチェ広島
大島僚太
小林悠
高山薫

Jリーグの前後の記事

ページトップ