ラグビーPRESSBACK NUMBER

ラグビー日本選手権はパナが完勝。
「勝負にならなかった」結果の教訓は?

posted2016/02/03 10:40

 
ラグビー日本選手権はパナが完勝。「勝負にならなかった」結果の教訓は?<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

圧倒的な破壊力を見せたパナソニックの堀江。「学生でも(その能力は)学生じゃなかった」と自らの母校の後輩たちを賞賛した。

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 試合後の会見で、質問に一通り答え終えた帝京大の岩出雅之監督は、苦笑して付け加えた。

「バーンズと堀江、頑張りすぎですよ」

 1月31日、秩父宮ラグビー場で行われたラグビー日本選手権。元オーストラリア代表SOベリック・バーンズ、そして日本代表HOの堀江翔太主将。パナソニックのBKとFWを率いる両輪は、まさしくピッチを制圧した。

 試合開始のキックオフ。バーンズが高く蹴りあげたボールは、身長196cmの元オーストラリア代表、セブンズ日本代表LOヒーナンダニエルが高く跳び上がって確保。ここからパナソニックは次々とアタックをかける。

 SOバーンズは正確なパスを散らしながら、前のスペースが空けば力強く前進。帝京大がタックルで止めれば、次のフェイズではFWの堀江がSOの位置に入ってパスを捕り、力強く前進したかと思えば軽やかなバックパスなど多彩なボールさばきで帝京大ディフェンスを切り裂く。

 SOバーンズとのダブル司令塔が休むことなくボールを動かし、重ねたフェイズは11(うち4回は堀江がボールを持って前進した!)。1分25秒かけてボールを動かしたパナソニックは、右WTB山田章仁からパスを受けたFB北川智規がノーホイッスルで先制トライ。

「ロケットスタートで行くことは意識していた」

 次のキックオフでも、帝京大が深く蹴ったキックをやはりヒーナンが確保すると、パナソニックは自陣深くからアタック。今度も13のフェイズを重ねて帝京大ディフェンスを翻弄し、左WTB児玉健太郎がゴールポスト真下に飛び込んだ。このときスコアボードの電光時計は5分08秒。これまで帝京大はまったくボールを保持していない。

「ロケットスタートで行くことは意識して臨みました」

 試合後、パナソニックの堀江翔太主将は言った。

「最初に受けたら、試合の流れが絶対向こうに行くと思った。会場の雰囲気も、帝京大が接戦に持ち込むことを期待しているし、レフリングも影響を受けるだろうし。そんな流れに飲み込まれないように、最初から行く。前半は、意地でもトライを取らすなと」

【次ページ】 フィジカルも経験も上回るTL王者が隙無く戦った。

1 2 3 NEXT
パナソニックワイルドナイツ
帝京大学
ベリック・バーンズ
堀江翔太
ヒーナン ダニエル
山田章仁
北川智規
松田力也
尾崎晟也
竹山晃暉
堀越康介
ジェイミー・ジョセフ
ロビー・ディーンズ
岩出雅之

ラグビーの前後のコラム

ページトップ