JリーグPRESSBACK NUMBER

いまJリーグに足りないものは――。
信念貫く経営者といわきFCの挑戦。 

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph byIWAKI FC

posted2016/01/21 10:50

いまJリーグに足りないものは――。信念貫く経営者といわきFCの挑戦。<Number Web> photograph by IWAKI FC

左から大倉智・いわきスポーツクラブ社長、安田秀一・ドーム社長、ピーター・ハウストラ監督。

選手募集のトライアウトは1月23日に。

 新天地での挑戦はたしかにゼロからのスタートかもしれないが、目指す場所は上しかない。ハードとソフト両面でドームの潤沢なサポートを受けながら、強靭なフィジカルで攻め抜くサッカーを追求することもできる。46歳という自身の年齢を考えた時、いわきFCを自らの手で育て上げる作業は“J1残留”より魅力的だったということだろう。

 県2部リーグから毎年1つずつステージを上がっていったとしても、目標に掲げるJ1にたどりつくまでには7年かかる。

 いわき市を東北一の都市にし、いわきFCを100億円クラブにする――どでかい夢にどれだけ近づけるのか。その行方に今後も注目していきたい。

 ともに戦う選手を発掘する「コンバイン」(トライアウト)は1月23日、いわき市で行われる。

関連記事

BACK 1 2 3 4
大倉智
ピーター・ハウストラ
いわきFC

Jリーグの前後の記事

ページトップ