プロレスのじかんBACK NUMBER

オカダが勝ち中邑はWWEの“世界”へ。
そして棚橋が言葉を失った1・4。 

text by

井上崇宏

井上崇宏Takahiro Inoue

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2016/01/08 12:00

オカダが勝ち中邑はWWEの“世界”へ。そして棚橋が言葉を失った1・4。<Number Web> photograph by Essei Hara

1年前に号泣したオカダが今年は棚橋にリベンジ。その勝因を「俺が新日本プロレスを上にやるんだという気持ち」と語った。

中邑は世界へ。そして棚橋は……。

 ――AJスタイルズを破り、次に見据えるものとはなんでしょうか? 

「世界……世界ですね。自分の思う、自分の目指すさらなる高み、ステージを目指して生きていきたいと思ってます。ありがとうございます」

 棚橋と共に、そして別の形で、新日本の物語を紡ぎ続けてきた男は、世界最大のプロレス団体WWEへと歩みを進めて行くことに。

 一方、名実ともに新日本の主役の座をオカダに明け渡す格好となった棚橋は、これまで自在に操っていた言葉をついに失っていた。

「何も(コメントが)浮かばないですね。俺の夢が途切れたのか、受け継がれたのか……」

 本当に浮かばなかったのか?

 いや、これこそが棚橋なりの次を見据えた言葉なのか?

 中邑のWWE挑戦が決まったようだ。新日本プロレスの主役はオカダ・カズチカ一択となった。そこで棚橋弘至は、2016年、ふたたび新日本の礎になろうと考えるのではないか。今度は言葉にすることもなく――。

 そんな未来が待っているような気がしてならない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
棚橋弘至
中邑真輔
オカダ・カズチカ
外道
WWE
新日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ