Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<歴史を変えた“ガイジン”>
AJスタイルズ「新日本にはすべてがある」 

text by

井川洋一

井川洋一Yoichi Igawa

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2016/01/03 16:30

<歴史を変えた“ガイジン”>AJスタイルズ「新日本にはすべてがある」<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa
1月4日の新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM 10 in 東京ドーム」で組まれたIWGPインターコンチネンタル選手権試合。この試合を王者・中邑真輔は、コラム「プロレスのじかん」で「世界中が注目する対決。それが一番旬なタイミングで実現する」と表現し、興奮を隠せない様子。その対戦相手がAJスタイルズ。新日本の歴史を変えたと言われる彼が、Number882号「新日本プロレス、No.1宣言」で語ったプロレス観を特別に公開します。

 アメリカで築き上げた地位と名誉を捨てて新日本プロレスへ本格参戦したAJは、甘いマスクとオリジナルムーブでファンを虜にしている。獣神サンダー・ライガーを「オレの神」と崇める男が語った“新日愛”。

   ◇

 アメリカでWWEに次ぐメジャー団体であるTNAのエースだったAJスタイルズが、新日本プロレスに加入して1年余が過ぎた。持ち前のスピードと独創的なムーブ、そして必殺スタイルズクラッシュを切り札にファンを魅了するトップ中のトップに、改めて新日本の魅力を聞いた。

――TNAのタイトルを総なめにして引く手あまただったあなたが、新天地として新日本を選んだ理由から聞かせてください。

「選択肢は幾つかあったけど、新日本のスタイルが自分に合っていると思ったからなんだ。近年の新日本は競技、興行の両面で正しい方向に向かっている印象を受けたし、オレは若い頃からこの団体のレスラーが大好きだった。ジョージアの自宅にはIWGPのビデオが6、7本あって、本当に擦り切れるまで何度も何度も観たよ」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1914文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

AJスタイルズ
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ