オリンピックへの道BACK NUMBER

自信が無い所から始まった宮原知子。
自信を失ってしまった浅田真央。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byEnomoto Asami

posted2015/12/28 11:30

自信が無い所から始まった宮原知子。自信を失ってしまった浅田真央。<Number Web> photograph by Enomoto Asami

「連覇とか去年優勝したとかは意識していなくて……演技に集中してます」と大会後にコメントした宮原。

好成績と豊富な練習量が好循環に――宮原知子。

 NHK杯の優勝、グランプリファイナル銀メダル、そして全日本選手権……。その安定感を宮原はこう語る。

「だいぶショートもフリーも演技前になんとなく自信があるような気持ちになって滑ることができてきていると思います」

 自信を持てるようになってきたことが支えとなっているのだ。

 好成績が続いていること、ミスが出ていないことが自信となり、好循環となっているのだろう。もちろん、豊富な練習量がその下支えではある。

 それら要因はいろいろあれど、宮原が自分に自信を持とうとして、一定以上の自信を持って臨めているからこその、試合での好演技である。

「正直、自信の喪失」

 かたや、今大会、自信、という点で気になった選手が、浅田真央だった。

 5位にとどまったショートプログラムのあと、浅田は心情をこのように表した。

「初戦(ジャパンオープン)は久しぶりの試合でわくわくする気持ちの方が大きかったんですけど、試合を重ねていくにつれて、気持ちが少しずつ薄れていき、自分の思っている演技ができないということが続いているので、自分の気持ちが下降気味に入っているかなと思います」

 浅田を身近なところで見守り続けてきた佐藤信夫コーチの目には、こう映っていた。

「技術的に、ここを教えないといけないというところはありません」

 ではどこに問題を感じていたのか。佐藤氏は言う。

「正直、自信の喪失」

 技術的に問題はないから、佐藤氏はずっと話し続けてきた。

「やればできるんだよ、ということが中心です」

「守りに入っているようにも感じた」とも言う。特に問題を感じていないからこそ、佐藤氏は続ける。

「私からすると、なぜそうなってしまうのか分かりません」

【次ページ】 ブランク明けに過大な期待をされてしまった浅田。

BACK 1 2 3 NEXT
宮原知子
浅田真央
佐藤信夫
本郷理華

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ