SCORE CARDBACK NUMBER

4回転は何本必要なのか? 男子フィギュアの新時代。~本数か、完成度か。過酷な競争が始まる。~ 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2015/12/25 06:00

4回転は何本必要なのか? 男子フィギュアの新時代。~本数か、完成度か。過酷な競争が始まる。~<Number Web> photograph by Asami Enomoto

羽生は平昌五輪へ向け、4回転ループに加えて4回転アクセルも準備を進めているという。

 11月末に行われたNHK杯で、羽生結弦が322.40点の世界最高得点(当時)を叩き出したことは記憶に新しい。しかしこの大会、別の意味でも記録的な大会だった。12名の全男子選手がショートで4回転ジャンプに挑戦し、さらにフリーでは7名が複数の4回転に挑んだのだ。

 記者会見は「男子にとって4回転は何本必要か」という論争で盛り上がった。

 羽生はショートで2本、フリーで3本の4回転を成功させた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

羽生結弦

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ