“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

高円宮杯で未来のA代表CB発見!
優勝の鹿島ユース、町田浩樹への期待。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2015/12/15 18:20

高円宮杯で未来のA代表CB発見!優勝の鹿島ユース、町田浩樹への期待。<Number Web> photograph by Takahito Ando

町田浩樹は2016年シーズンから鹿島のトップチームに昇格する。日本代表になれるのか……楽しみである。

将来、日本を代表するCBになれるように。

 コンディションが悪い中でも成長の跡が伺えたポイント……それが「流れを切るプレー」だった。

 いつもの鋭い出足でボールを奪うプレーができないと判断し、下がってくる千葉とのコミュニケーションを密にし、後ろが重くならないようラインコントロールする。積極的に空中で競り合い、ルーズボールやセカンドボールでは、はっきりとしたクリアをする。自分のプレーで味方がもたつかないように、はっきりとしたプレーを心がけ、敵の攻撃リズムを次々と分断していったのだ。

 1-0のまま試合終盤に入ると、彼の集中力がより研ぎ澄まされていくのが分かった。徐々に出足が鋭くなり、85分を過ぎた頃にG大阪ユースの猛攻を受けるようになると、ボールに対する鋭いプレスをかけ始めた。90分には中央をドリブルで侵入して来た選手に対し、一気に間合いを詰め、そのまま左サイドまで追いやってバックパスを選択させた。クロスに対してもほとんど競り負けることが無かった完封勝利。優勝に大きく貢献した。この試合、G大阪ユースは5本のシュートしか打てず、枠内シュートはゼロだった。

「コンディションが悪いからこそ、シンプルにやろうと思った。周りも助けてくれたし、ラインコントロールとクリアだけは、自分が中心となってやろうと思った。気持ちも弱気になるのではなく、強気な気持ちを持って、頭は冷静にしてやることを意識しました」

 中田と小笠原の「教え」をきっちりと自分のものにし、高校最後の試合で逞しさを見せた町田。

「大型の、生粋の、左利きのCB」は、鹿島という素晴らしい環境でスクスクと育っているんだな、と感じた――将来、日本を代表するCBになれるように、だ。

 町田は来年には鹿島のトップチームの一員となり、小笠原、昌子源、植田直通ら周りの教えを受けながら着実に成長していくはずだ。そして、いつの日か日本サッカー界全体で重宝される存在となってくれるに違いない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

町田浩樹
鹿島アントラーズ
ガンバ大阪

Jリーグの前後のコラム

ページトップ