F1ピットストップBACK NUMBER

「今のF1のつまらなさ」を象徴する、
メルセデスの行き過ぎた戦略を問う。

posted2015/12/07 10:30

 
「今のF1のつまらなさ」を象徴する、メルセデスの行き過ぎた戦略を問う。<Number Web> photograph by Getty Images

チャンピオンを決めてからの3レース、いずれもロズベルグに敗れ2位に甘んじたハミルトン。結果的に後半戦は失速したかのような印象だった。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Getty Images

 チームの指示と異なった戦略を採っていたら、ハミルトンはロズベルグを逆転していたのか?

 メルセデスが今季12回目のワンツーフィニッシュを果たした今季最終戦アブダビGPは、多くの人々に疑念を残したまま終了した。

「1回目のピットストップの後は僕の方が速く、かなり接近した。タイヤも長く持たせる自信もあった」と1ストップ作戦を望んでいたハミルトン。

 しかし、チームはそんなハミルトンに、ロズベルグと同じ2回ストップ戦略を指示した。それでも、ハミルトンはチームメイトと違うスペックのタイヤを履けば、逆転は可能だと信じていた。しかし、チームがハミルトンに装着させたタイヤは、チームメイトと同じソフトだった。

「どちらのタイヤにするのかは、豊富な情報量を持っているピットの判断に委ねられていた。でもドライバーとしては、違うほうを試してみたかったという気持ちはある」と、ハミルトンは優勝へ向けたチャレンジを許してもらえなかったことへ、不満ともとれる発言をレース後に残した。

ドライバーではなく専門家がレース戦略を決める。

 現在のF1は、どのチームにもストラテジストと呼ばれるレース戦略を分析する専門家がいる。

 さらにトップチームはこのストラテジストを複数雇い、ファクトリーの大型コンピュータを使用して最新の情報を入力する。アップデートされたデータをもとに算出された最適な戦略をサーキットにいるチーフストラテジストに衛星回線を通して知らせ、チーフストラテジストから2人のドライバーを担当するレースエンジニアへ指示が下される体制を取っている。

 したがって、メルセデスAMG以外の人物がハミルトンに提示された戦略が正しかったかどうかを語ることは、科学的根拠に欠ける。

「我々にはストラテジストがいる。ドライバーが戦略を決めはじめたら、きっと今年のような栄光は収められてはいなかっただろう。レース戦略は本能で決めるものではない。データを無視して決断を下すことなど、現代のF1ではあり得ない」と、トト・ウォルフ(メルセデスAMGビジネス部門エグゼクティブディレクター)が語るのも当然だ。

【次ページ】 全てが決まってしまったレースで、ファンが望むもの。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

メルセデスAMG
ニコ・ロズベルグ
ルイス・ハミルトン

F1の前後のコラム

ページトップ