サムライブルーの原材料BACK NUMBER

宇佐美貴史を成長させる2人の監督。
“お子ちゃま”発言から4日後の意地。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2015/10/13 10:30

宇佐美貴史を成長させる2人の監督。“お子ちゃま”発言から4日後の意地。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

原口元気に左ウイングのスタメンを奪われたかたちの宇佐美だが、2点に絡み勝利に大きく貢献した。

高い期待、そしてそれを受けるに相応しい器。

 以前、東アジアカップで不発に終わった宇佐美について、ハリルホジッチはこう語っている。

「フィジカル的に強い選手とは言えない。3日置きに6試合連続でプレーをして中国に行ったので彼は疲弊していた。国際レベルで得点を獲れるゴールゲッターが(日本には)なかなかいない。新たに発見するか、育てるか。ただ、宇佐美にはゴールゲッターとしての能力がある」

 能力は認めつつも、タフさには欠けるという認識を持っていた。

 だがガンバ大阪での過密日程や、代表での試合にコンスタントに出続けていることでタフさを少しずつ身につけてきているのは明らかだ。それに“お子ちゃま”と言われて、いい気などするわけがない。シリア戦で見せた奮闘は、宇佐美の意地だと感じた。

 13日にはアウェーのイラン戦、そして帰国してからはACL準決勝の第2戦も控えている。
厳しい試合のなかで、結果を出していく。

 それほどの期待、それほどの器。

 高い要求、厳しい目線が宇佐美貴史を確実に成長させている。

関連記事

BACK 1 2 3
宇佐美貴史
長谷川健太
ヴァイッド・ハリルホジッチ
ガンバ大阪
ロシアW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ