野ボール横丁BACK NUMBER

「抑えられたら必ずそのボールを狙う」
清宮幸太郎が甲子園にした“忘れ物”。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2015/08/19 16:30

「抑えられたら必ずそのボールを狙う」清宮幸太郎が甲子園にした“忘れ物”。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

甲子園でも緊張した素振りを見せず、常に飄々とした表情だった清宮幸太郎が敗退で見せた涙。彼はきっと、帰ってくる。

甲子園の土は「戻ってくるんで。いらないっス」。

 試合に臨むにあたり、清宮は勝って校歌を歌う姿をイメージすることが癖になっていた。

「(それを想像すると)楽しくて仕方ないんです」

 しかし、この日、校歌を歌っていたのは自分たちではなく、戦った相手だった。清宮はその姿を目に焼き付けた。

「本当に悔しかったです。負けてしまったんだ……ということを実感しました。校歌を聞いていた光景を忘れたくない」

 去り際、上級生たちが甲子園の土をシューズ袋に詰める中、清宮は持ち帰る素振りも見せなかった。

「また、戻ってくるんで。いらないっス」

 その言い方は、まるで「家」に帰ってくるのは当然だと言わんばかりだった。

 監督の和泉実が言う。

「彼は抑えられたら、次の打席、必ずそのボールをねらって行くんですよ」

 清宮にとっては「4強進出」ではなく「4強止まり」。仕留められなかった残りの2勝は、次の機会でねらいに行く。

関連記事

BACK 1 2
清宮幸太郎
早稲田実業高校

高校野球の前後の記事

ページトップ