甲子園の風BACK NUMBER

なぜ甲子園の応援歌は懐メロが多い?
アルプス席の吹奏楽部を徹底検証! 

text by

梅津有希子

梅津有希子Yukiko Umetsu

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/08/14 09:00

なぜ甲子園の応援歌は懐メロが多い?アルプス席の吹奏楽部を徹底検証!<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

ピンクレディーが歌った『サウスポー』は1978年の大ヒット作。作詞は阿久悠、作曲が都倉俊一という名コンビによる。

『Let It Go』はダメで『あまちゃん』はOK?

 長い間、高校野球における懐メロ問題について悶々と考え続けていたが、吹奏楽の応援目当てで甲子園に通うようになり、その理由がはっきりとわかった気がする。やっぱり、「おなじみのあの曲」が高校野球には似合うし、ナインのみんなもその曲で打席に立ちたい。そして、応援席もお茶の間も、「なぜ懐メロばかりなんだろう」と思いながらも、確実に盛り上がるのだ。

 近年の応援歌で、定着したのは『あまちゃん』くらいで、今大会でも複数の学校が採用している。ちなみに、昨年のヒット曲であるアナ雪の『Let It Go』は定着しなかった。つまり、曲調もテンポも、応援向きの曲ではなかったということだろう。『あまちゃん』は明るくて楽しい曲なので、応援にもぴったりなのだ。

 懐メロひしめく応援歌の中に、新曲が入り込んで定着するのはなかなか容易ではないが、引き続き注目して吹奏楽部の応援をウォッチしていきたいと思う。

関連記事

BACK 1 2 3
愛工大名電高校
近江高校
比叡山高校

高校野球の前後の記事

ページトップ