JリーグPRESSBACK NUMBER

アジアのトップストライカーがJに凱旋!
鄭大世が見せる5年分の苦悩と成長。 

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/07/19 10:50

アジアのトップストライカーがJに凱旋!鄭大世が見せる5年分の苦悩と成長。<Number Web> photograph by Getty Images

韓国でのイベントにて赤ん坊を抱いて登場した鄭大世。プレーの質を決定的に変えるキッカケとなった、自慢の息子だ。

“アジアのトップストライカーのJリーグ帰還”

 そう定義してもいい。

 7月9日にKリーグ水原三星(スウォン・サムソン)から清水エスパルスへの移籍が正式発表となり、2010年以来のJリーグ復帰を果たした31歳のFW鄭大世(チョン・テセ)のことだ。

 14日の入団会見後の報道では、彼のこの言葉がメディアを飾った。

「経験と能力でチームを助けたい」

 そこには明確な根拠がある。

 2013年から2シーズン半を過ごしたKリーグ・スウォンでの絶頂期に決めたJリーグ復帰。契約期間を半年残しての移籍だった。現在、首位に勝ち点7差で2位につけるチームのソ・ジョンウォン監督は「はっきり言って代役はいない」と、シーズン途中の離脱に頭を抱える。

韓国で手にした賞賛の裏には苦悩があった。

 韓国有数のビッグクラブに残した足跡は、リーグ戦出場72試合23ゴール。

 特に今季は、6ゴールという数字以上に好調ぶりが際立っていた。

 4月18日にはKリーグ最大のビッグマッチで「ナショナルダービー」と言えるソウル戦で2ゴール2アシストの活躍。リーグが選定する週間MVPに選ばれ、自身「生涯最高のプレーができた」と口にした。これを含め、国内リーグでは全22試合中21試合に出場し、リーグが選ぶ週間ベストイレブンに4度名前を連ねた。直近では7月8日の週にも選定され、この試合で決めた後方からの浮き球を絶妙なファーストタッチでコントロールしたゴールは週間ベストゴールにも選定された。

 シーズン序盤に戦ったアジアチャンピオンズリーグでも、7試合に出場しチームトップの3ゴールを挙げている。韓国代表に復帰したベテランのレフティ、ヨム・ギフンとの絶妙なコンビネーションは「ヨム・テセ」と呼ばれた。7月上旬に移籍報道が報じられるや、練習場にはサポーターが別れを惜しむ横断幕を貼りだした。移籍決定後、国内メディアは「(契約延長のオファーを出さなかった)スウォン、自ら首を絞めて導いた危機」とすら報じた。

 これらの評価も、大いなる苦悩を乗り越えて得たものだった。

【次ページ】 日本であまり報じられてこなかった、韓国での2年半。

1 2 3 4 5 NEXT
鄭大世
水原三星ブルーウィングス
清水エスパルス
ケルン

Jリーグの前後の記事

ページトップ