Number ExBACK NUMBER

松岡修造が語る'95年ウィンブルドン
ベスト8の真実と、錦織圭への思い。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2015/06/26 17:00

松岡修造が語る'95年ウィンブルドンベスト8の真実と、錦織圭への思い。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

松岡氏は2001年の修造チャレンジ「トップジュニアキャンプ」で錦織圭を指導した。

松岡氏が思う、テニスプレイヤーの才能とは?

 才能の欠如――。

 日本男子のトップ選手として、活躍してきた松岡氏が感じてきた現実だった。

 ウィンブルドンベスト8では、V3を狙うピート・サンプラス相手に第1セットを先取。惜しくも1-3で敗れたものの、世界トップ選手を追い詰めた。自身を“才能がない選手”という松岡氏は、どのようにして、世界のトップ選手と戦ってきたのか。

 才能とはなにか――。

 才能なきものが、世界と戦うために何をしてきたのか――。インタビュアー金子氏の問いに、松岡氏はじっくりと語ってくれた。だが、話はいつしか、自分のベスト8のことよりも、愛弟子・錦織圭のことになってしまう。

「フェデラーと錦織圭だけが、いまのテニス界では天才といっていい」

 誤解のないように伝えてくださいね、と念押ししてから松岡氏は言った。

「ぼくのウィンブルドンのベスト8は、たいしたことじゃないんです。ランク300位台の選手なら、誰でも一度ぐらいはやれる可能性はある。すごいのは、圭みたいにランキングで10位、5位に入ること。これは、正直言ってぼくには想像もできない世界です。圭はね、本当に天才です。ぼくは、フェデラーと錦織圭だけが、いまのテニス界では天才といっていい存在だと思ってます。ナダルとかジョコビッチも上手いけど、天才じゃない」

 松岡氏が、ウィンブルドンの空を見上げてから20年――。

 愛弟子の錦織圭はどんな戦いをみせるだろうか。

 かつて、62年ぶりに世界への扉をこじ開けた松岡修造氏が語る「ベスト8」秘話と、愛弟子・錦織圭への思いを語った本編「あの時かけた橋を、圭が」はNumber880号でお楽しみください。
待ってろ、ウィンブルドン。

Sports Graphic Number 880

待ってろ、ウィンブルドン。

 

関連記事

BACK 1 2 3
錦織圭
松岡修造

テニスの前後の記事

ページトップ