NumberEYESBACK NUMBER

クレー前哨戦を制し、錦織が全仏へ好感触。
~驚きではないバルセロナOP優勝~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byMutsu Kawamori

posted2014/05/15 10:00

クレー前哨戦を制し、錦織が全仏へ好感触。~驚きではないバルセロナOP優勝~<Number Web> photograph by Mutsu Kawamori

コーチとともに「サーブとフォアの技術を鍛え直した」という錦織。

「クレーコートの大会で優勝できるなんて、びっくりです」

 男子ツアーを主催するATPのウェブサイトで、錦織圭が5度目のツアー優勝となった4月下旬のバルセロナオープンを振り返っている。

「(クレーが得意な)スペインやヨーロッパの選手がそろう大会で優勝するのは簡単ではないですから」

 過去4度の優勝はいずれもハードコートで、クレーは初制覇。国内では〈苦手のクレーを克服〉とする報道も多かったが、その堂々たる戦いぶりに苦手という言葉はなじまない。錦織は自分の庭のように赤土を駆け、力強いショットを打ち込んで、クレーコートへの適性を証明した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1153文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯を獲る9つの方法。

Sports Graphic Number 853

W杯を獲る9つの方法。

 

錦織圭
ロジャー・フェデラー

テニスの前後の記事

ページトップ