沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

“敗因”を抱えながらレースに勝つ。
横山典弘が変える、「競馬の常識」。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2015/05/11 11:25

“敗因”を抱えながらレースに勝つ。横山典弘が変える、「競馬の常識」。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

昨年の10月に同じコースで2歳レコード勝ちした時と同じタイムでNHKマイルカップを制したクラリティスカイ。父のクロフネは同レース制覇後ダービーに向かったが……。

 またノリちゃんだ――名手が絶妙の手綱さばきを見せ、前週の天皇賞・春につづき2週連続でGIを制覇した。

 横山典弘が操るクラリティスカイ(牡、父クロフネ、栗東・友道康夫厩舎)が第20回NHKマイルカップ(5月10日、3歳、東京芝1600m)を優勝。レース史上初の父仔制覇を遂げ、3歳マイル王の座についた。

 ゲートがあくと、18頭の出走馬がほぼ横並びのスタートを切った。

 まず3枠の2頭、レンイングランドとタガノアザガルが飛び出し、5枠9番から出た3戦3勝の快速牝馬アルビアーノがつづいた。その直後に3番人気のクラリティスカイがつけ、外からマテンロウハピネス、ヤマカツエース、ダノンメジャー、内から1番人気のグランシルク、さらにアルマワイオリ、ミュゼスルタンといった有力馬が追いかける。

3コーナーに入るあたりで、先行勢が急激にペースを落とした。

 馬群はひとかたまりになり、1頭ポツンと置かれたコスモナインボールを除くと、先頭から最後尾まで10馬身ほどしかない。

「道中ずいぶん引っ掛かってしまい、しんどかった。ペースが遅かったので、4コーナー手前では我慢するのにひと苦労でした」と横山。ほかにもマテンロウハピネス、アルマワイオリ、ヤマカツエースなど、抑えるのに苦労している馬が何頭もいた。

 前半の800mが47秒2。それに対し、後半の800mが46秒3だったから、数字のうえでは超スローというわけではなかった。前半の600mぐらいまではまずまず流れていたのだが、3コーナーに入るあたりで先行勢が急激にペースを落とし、折り合いに苦労する流れになったようだ。

 逃げるレンイングランドの斜め後方2番手につけたアルビアーノの柴山雄一にとっては、理想的な形だった。

「レース的には完璧だった。ペースを落とせたし、リズムよく進むことができた。初めて控える形になりましたが、調教で馬の後ろを走るトレーニングを重ねていたので問題はありませんでした」

【次ページ】 アルビアーノが抜群の手ごたえで、最後の直線に。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

クラリティスカイ
横山典弘
レンイングランド
アルビアーノ
マテンロウハピネス
ヤマカツエース
ダノンメジャー
グランシルク
アルマワイオリ
ミュゼスルタン
クロフネ
コスモナインボール
タガノアザガル

競馬の前後のコラム

ページトップ