フットボール“新語録”BACK NUMBER

Jの先を行くドイツ代表の「科学力」。
W杯優勝を支えたシステムが進化中。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/05/11 10:40

Jの先を行くドイツ代表の「科学力」。W杯優勝を支えたシステムが進化中。<Number Web> photograph by Getty Images

ブラジルW杯で使用していた分析システムの「マッチ・インサイト」では得失点シーンをすぐ見られるなどの簡便性向上に留まっていたが、今回の「スポーツ・ワン」では試合、練習、ケガ管理など統合的なシステムに進化した。

新たな「サッカーの法則」を見つけ出すことはできるのか。

 SAPジャパンのチーフ・イノベーション・オフィサーの馬場渉氏によれば、すでにドイツ代表は『インフィニットインサイト』を使い始めているという。SAPジャパンも独自に他スポーツに応用し始めた。

 従来のデータ会社の分析は、人の計測に頼っていたので、ボール付近の情報に限られていた。

 それに対して、機械学習は先入観なしにあらゆるデータを片っ端から分析してくれる。つまり新たな「サッカーの法則」を機械が見つけるかもしれないということだ。

 たとえば、ペナルティエリアの幅に相手が何人以上いたら外から攻め、何人以下だったら内から攻めるべき、といった目安を出せる可能性がある。

 2018年W杯まで、あと約3年――。ドイツはロシアの地で、データ分析の革命を起こすかもしれない。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
オリバー・ビアホフ
ジョゼップ・グアルディオラ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ