オリンピックPRESSBACK NUMBER

“感情の爆発”が新記録の秘訣!?
水泳日本選手権、中高生たちに思う。 

text by

田坂友暁

田坂友暁Tomoaki Tasaka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/22 10:30

“感情の爆発”が新記録の秘訣!?水泳日本選手権、中高生たちに思う。<Number Web> photograph by AFLO

新記録の証明書を手に、ピースと満面の笑みで喜びを爆発させた今井月(左)と池江璃花子。彼女たちの“まっすぐさ”は競技にもプラスなのではないだろうか。

中学生、高校生のまっすぐな“感情”。

 何よりも印象深かったのは、中学生や高校生たちの“感情”だった。記録が良ければ笑顔でインタビューに答え、悪ければ涙を見せる。その喜怒哀楽は、実に素直である。

 池江は200m自由形で中学新記録を出して3位に入り、4×200mリレーの代表内定を手にする。ところが池江の表情はさえず、それどころか涙を流して足取り重くプールをあとにする。それを慰めるように池江の頭に手を添えていたのは、同種目で2位に入り、池江と同じく代表内定となったライバルの高校1年生、持田早智(ルネサンス幕張)だった。池江とは対照的に、持田は2位に入ったことと自己ベストを更新したことのうれしさに満ちあふれた表情を浮かべていた。

 50m、100mが得意な池江と、100mと200mを得意とする持田は、これまで常に記録を更新し合ってきた。2人とも中学生だった昨年は、池江が中学新記録を出せば、持田が塗り替え、さらに池江がその記録を更新する。まさに切磋琢磨という言葉が当てはまる。

「ベストはうれしいですが、(持田)早智ちゃんに負けたのが悔しい」(池江)

「いつも自分より速く泳がれていたので、ずっと(池江に)勝ちたかった」(持田)

 200m自由形決勝後のインタビューに対して、池江と持田はそれぞれこう答えた。

 反対に100m自由形では、3位に入った池江が笑顔を見せ、8位だった持田は一所懸命涙をこらえるような表情を見せ、悔しさを隠さなかった。

大人になる部分と、感情に素直になる部分。

 200m平泳ぎで中学記録を出したが、3位となって日本代表入りを逃した今井もレース直後には涙を流す。

「周りを意識し過ぎたし、世界水泳選手権のことも頭にあって空回りしてしまった」

 しかし、100m平泳ぎで思わぬ2位に入ったときには、今井自身驚きながらも、満面の笑みでインタビューに答える姿があった。

 中学2年生の酒井夏海は50m背泳ぎ、200m背泳ぎで3位に入って笑顔を見せたが、100m背泳ぎの準決勝9位で決勝に進めなかったときには、涙を隠さず声を詰まらせた。

 彼女たちの姿を見ていると、昨年12月、カタール・ドーハでの世界短水路選手権で、平井伯昌日本代表監督が語った言葉が思い出される。

「良かったらうれしい、悪ければ悔しい。もっと、感情を素直に出して良いと思うんです。大人になる部分も必要ですが、スポーツ選手なんだからそういう感情を素直に表に出しても良いんじゃないかな」

【次ページ】 「うれしいほうが勝っているので、疲れは感じません」

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

池江璃花子
酒井夏海
今井月
宮坂倖乃
萩野公介
瀬戸大也
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ