Jをめぐる冒険BACK NUMBER

小野伸二、宮市亮、オリヴェイラ。
アンドレ・バイアを日本に導いた縁。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/03/28 10:35

小野伸二、宮市亮、オリヴェイラ。アンドレ・バイアを日本に導いた縁。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

フェイエノールトには7シーズン在籍し、小野伸二、宮市亮とチームメイトだったアンドレ・バイア。近年のブラジルはCBの宝庫であり、彼も湘南の守備に大きな安定感をもたらしている。

海外からJに熱い視線を送る人々のことを覚えておきたい。

 攻守においてアグレッシブな湘南のスタイル――。それはオランダでも、トルコでも、ブラジルでも経験したことのないもので、大きなモチベーションになっているという。

「すごく現代的なサッカーだと思うね。日本でプレーできるというだけでも幸せなのに、さらに新しいサッカーにも触れられて、本当に新鮮な気持ちでチャレンジさせてもらっている。自分が成長するチャンスを与えてもらっているので、一戦一戦、重みを感じながらプレーしているところなんだ」

 先日、Number Webのコラムにおいて今シーズン最注目選手として横浜F・マリノスの「ロマーリオ2世」こと、アデミウソンが取り上げられたが、それを勝手に「アタッカーにおける」と位置付けて、ディフェンダーにおける最注目選手として、このアンドレ・バイアを推したい。

 そして、もうひとつ。人材の流出によってJリーグのレベル低下が叫ばれているが、その一方で、Jリーグでのプレーを熱望する選手や、日本を去ってもなおJリーグへの思いを熱弁している監督がいることも、覚えておきたい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

小野伸二
アンドレ・バイア
湘南ベルマーレ
宮市亮
オズワルド・オリヴェイラ
アデミウソン

Jリーグの前後のコラム

ページトップ