フットボール“新語録”BACK NUMBER

公認代理人廃止は選手にもメリット!?
在仏日本人仲介業者から届いた反論。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byKeiichi Itakura

posted2015/03/28 10:30

公認代理人廃止は選手にもメリット!?在仏日本人仲介業者から届いた反論。<Number Web> photograph by Keiichi Itakura

1984年和歌山県生まれ。立正大淞南高校時代に全国高校サッカー選手権に出場。高校卒業後、各国でプレー。カメルーン1部のキャノン・ヤウンデでは日本人では初めてアフリカチャンピオンズリーグに出場した。

代理人にとって一番大事なのは、資格よりも信頼関係。

 直川はこう考えている。

「日本では代理人の方たちのおかげで選手たちが欧州に移籍することができ、それによって日本サッカーが発展したと思います。その功績はすごく大きいと思います」

「ただし実際のところ、日本以外の国ではライセンスをお金で買うことができました。だから欧州のクラブは、代理人が資格を持っているか、持っていないかを気にしていなかった。自分も資格を持っていないから交渉をしないと言われたことはありませんでした。やはり一番大事なのは、互いの信頼関係です。資格制度廃止によって、混乱が起きるとは思いません」

芸能事務所と契約する選手も増える。

 むしろ直川は、ポジティブな変化が起こると見ている。

「これまでも日本の代理人の方からお願いされて、チームを探したこともありました。代理人の方たちとの連携をさらに深めて行きたいですし、制度廃止を受けて芸能事務所と契約する選手も増えてくると思います。僕のような欧州にいる仲介人が、移籍に関して芸能事務所と組めば双方にメリットがある。芸能事務所との連携も考えています。

 やはり欧州移籍で大事なのは、両方の文化とメンタリティがわかった人間が間に入ること。自分はイタリア語、フランス語、英語を話せるし、元選手なので選手の気持ちもわかる。選手時代に培ったネットワークを生かして、日本人選手の欧州移籍をサポートしていければと考えています」

 日本人代理人の多くは日本に住んでおり、欧州に拠点を置いている人間は一握りしかいない。さらに元選手となると、おそらく直川だけだ。

 国際通話での取材後、直川はあるクラブとの交渉でボスニア・ヘルツェゴビナに飛んだ。これからもフットボールの旅は続いて行く。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3
直川公俊

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ