Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<FIFAバロンドール受賞インタビュー>
クリスティアーノ・ロナウド
「与えるものにこそ、与えられる」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/02/13 11:30

<FIFAバロンドール受賞インタビュー> クリスティアーノ・ロナウド 「与えるものにこそ、与えられる」<Number Web> photograph by Getty Images
2年連続3度目となったバロンドールの受賞。
昨年の涙とは異なり、今季は余裕すら感じさせた。
30代を迎えて、クラブでも代表でも大黒柱となった姿は
まさにキャリアの円熟期を迎えているように映る。
心境の変化から今年1年の抱負までを、率直に語った。

――2年連続3度目の受賞ですが、去年と今年のFIFAバロンドールではいったいどんな違いがありますか?

「何も違いはないよ。どちらも同じ重みがある。僕は自分の役割を全うした。だからこそ獲得できたわけで、喜びの気持ちも考えたことも同じだ」

――しかし去年は、トロフィーを受け取った瞬間に耐えきれず涙を流しましたが、今年は叫び声をあげて喜びを表しました。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3545文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

クリスティアーノ・ロナウド
レアル・マドリー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ