ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

記録の神様が編んだONにまつわる最良の書。
~宇佐美徹也の『ON記録の世界』~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/02/01 10:30

記録の神様が編んだONにまつわる最良の書。~宇佐美徹也の『ON記録の世界』~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『ON記録の世界』宇佐美徹也編著 読売新聞社 現在絶版

 ON本は数知れず。読んだ数は限られるが、ユニークで、最良、最高の一冊が本書、と断言してしまう。長嶋17年、王22年の全打席完全データを柱に、試合の様々な状況での記録が詰まっている。春、秋のオープン戦、日米野球、外国でのオープン戦の成績まで載せた。ここまでやらないと球界やファンから「記録の神様」とは呼ばれない。

 本書の魅力、面白さは、記録=数字に血を通わせ不世出の2選手の姿を描き切ったことだ。たとえば守備について。守備率だけでは守りの巧拙は分からない、と指摘し、「刺殺(飛球、送球を受けて直接アウトにした数)と補殺(ゴロや送球で間接的にアウトにした数)の合計」で守備レベルが分かる、と教える。長嶋入団前年の巨人三塁手のこの数字はセ・リーグ最低。長嶋はこれを71増やしてリーグ2位とした。前年守った3人の三塁手が安打にした71の打球を凡打に変えてしまう働き、と有無を言わさぬ説得力だ。1960年代後半からのこの数字の低下に、「人徳で下手になったと言われなかったが、動きは鈍り投手もかなり泣かされたに違いない」と遠慮なし。王は守りで衰えがなかったと数字で証明して、現役最後の年のセ一塁手最高守備率達成に「感嘆するばかりだ」とたたえる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 357文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

二十歳のころ。

Sports Graphic Number 870

二十歳のころ。

 

関連記事

プロ野球の前後の記事

ページトップ