SCORE CARDBACK NUMBER

中島卓也と栗山監督、2015年の「勝負」。
~日ハムの若手が受け取る挑戦状~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2015/01/28 10:00

中島卓也と栗山監督、2015年の「勝負」。~日ハムの若手が受け取る挑戦状~<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

昨季の犠打数35はチームトップ。年末は川崎宗則との合同練習で遊撃の心得も学んだ中島。

 栗山英樹は、監督として明らかに異質な空気を放っている。それは、いつだってこの指揮官が選手と勝負しているからだ。たとえばFAで大引啓次が抜けたショートについて、年が明けてからすぐ、栗山監督はこう言っていた。

「キャンプではビキ(大引)の抜けたショートをタク(中島卓也)に守ってもらうところからスタートするつもり。でもタクにショートを任せたら、(セカンドより体力的負担が大きいことで)疲労がたまってせっかくの彼のスピードを活かせなくなるリスクがある。だから休ませながらの起用になると思うけど……」

 この先の言葉から、栗山監督が選手と勝負している所以を感じさせられる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 635文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

二十歳のころ。

Sports Graphic Number 870

二十歳のころ。

 

関連記事

北海道日本ハムファイターズ
中島卓也
栗山英樹

プロ野球の前後の記事

ページトップ