野ボール横丁BACK NUMBER

黒田博樹が再び日本で活躍する根拠。
股関節の硬さ、という弱点が長所に? 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/01/19 11:00

黒田博樹が再び日本で活躍する根拠。股関節の硬さ、という弱点が長所に?<Number Web> photograph by Getty Images

黒田博樹のステップ幅は、ダルビッシュ有や田中将大と比べると明らかに狭い。一般的には短所と言われる特徴が適応力を生んでいる。

フォーム上、いちばん心配なのは甲子園。

 ただ、川村はこう注釈をつける。

「黒田投手なら日本ではメジャーと同じように勝てると思いますが、メジャーのピッチングのままとはいかないと思います。フォーム上、いちばん心配なのは甲子園ですね。あそこはマウンドが柔らかいですから、メジャーの感覚に慣れ切っていると、あるいは足がうまいこと定まらないかもしれません」

 また、黒田はメジャーでツーシームを体得して開花した。そのツーシームが、日本では通用しないのではないかという。

「日本のボールで同じようにツーシームを投げると、曲がりすぎるという説もあります。それに、手足の短い日本人はメジャーリーガーほど低めに手を出してくれませんからね。落ちるツーシームはアメリカほど効果的ではないかもしれません。低めを見られると、球数が増える恐れもあります。

 じつは私は筑波大学の野球部員だったとき、当時専修大の1年生だった黒田投手と対戦したことがあるんです。レフト前にライナー性のヒットを打ったことがありました。これは私の学生時代の数少ない自慢話です(笑)。黒田投手のストレートは、フォームはゆったりしているのですが、強烈なスピンがかかって迫ってくるような感じがある。日本人には、低めに変化させるより、あの感じのボールを高めに投げられる方が打ちにくいのではないでしょうか。黒田投手もそうしたマイナーチェンジは必要でしょうね」

 黒田はアメリカに残れば、20億円近い年俸を稼ぐことができた選手である。いずれにせよ、史上最強メジャーリーガーの来日と言ってもいい。その投手が、どういう投球を見せてくれるのか。

 どんなに期待しても期待し過ぎるということはないのではないか。

関連記事

BACK 1 2
黒田博樹
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ