スポーツ百珍BACK NUMBER

バラバラになる寸前だった星稜が、
悲願の日本一を掴んだ要因とは? 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/01/13 11:35

バラバラになる寸前だった星稜が、悲願の日本一を掴んだ要因とは?<Number Web> photograph by AFLO

現在アジアカップを戦っているサッカー日本代表の本田圭佑も、「今日は俺の試合よりそっちを聞いて下さいよ」と母校の初優勝を喜んでいた。

監督不在という事態を乗り越えて得た結束。

 今回の星稜は、河崎監督が交通事故に遭い、決勝戦まで指揮を執ることができなかった。その不測の事態の中でも選手ミーティングで“本音”をぶつけ合った結果、レギュラーと登録外メンバーに不退転の決意が生まれたのではないか。

 本田圭佑、豊田陽平、鈴木大輔……日本代表にも名を連ねる選手を輩出し、近年の選手権で安定した結果を残していたものの、全国制覇はあと一歩届かなかった星稜。その“あと一歩”へ、高校生らしい危うさも感じさせながらも、それぞれの境遇を理解して戦いに臨んだことで踏み込めた。

「最終的に“団結力”が日本で一番になれたんだと思います」

 平田の言葉が、星稜の全国制覇へのプロセスを象徴していた。

関連記事

BACK 1 2 3 4
吉田舜
野口竜彦
渡邊凌磨
平田健人
大田賢生
鈴木大誠
前橋育英高校
星稜高校

高校サッカーの前後の記事

ページトップ