スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

酒井監督就任以来、初めて3位後退。
東洋は青学との差を詰められるか。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byHirofumi Kamaya

posted2015/01/12 10:30

酒井監督就任以来、初めて3位後退。東洋は青学との差を詰められるか。<Number Web> photograph by Hirofumi Kamaya

東洋大学の10区を任された4年生の淀川弦太。今の4年生が入学する前から、東洋は箱根で2位以内を続けてきたが、今回は3位に終わった。

経験による「育ち」という東洋のパターン。

 出雲でエントリーされていたオーダーは、次の通りだった。

1区 服部(弾) 2年
2区 口町    2年
3区 服部(勇) 3年
4区 渡邊    3年
5区 齋藤    4年
6区 竹下    1年

 服部兄弟以外は箱根を走った経験がない選手ばかりだった。

「出雲を走っていれば、ブレイクする選手が絶対にいたんです。あの中止は痛かった」

 酒井監督は出雲の後、そう話していた。

 実戦による自信。東洋大は経験を積むことによる「育ち」のパターンを持っている。出雲の中止によって、酒井監督の育成プログラムは大きな変更を余儀なくされた。

 そしてこの出雲のエントリーメンバーから、実際に箱根を走ったのは服部兄弟だけだった。10月の時点でのベストメンバーが、その後順調に練習を重ねられなかったのがうかがえる。

 ただし、敗れた後の東洋大は怖い。2011年、早大にわずか21秒差で敗れて、「その1秒をけずりだせ」という言葉が生まれた。

 正直、来季もさらに充実が見込める青学大に、素質の面で東洋大はヒケをとっている。果たして酒井監督は、どんな手を打ってくるだろうか。

関連記事

BACK 1 2
東洋大学
酒井俊幸

陸上の前後の記事

ページトップ