5500kmダイエット挑戦記。BACK NUMBER

ついに始まったオーストラリア横断。
ダイエットより大切な、僕の命。 

text by

横田健太

横田健太Kenta Yokota

PROFILE

photograph byKenta Yokota

posted2014/11/28 10:30

ついに始まったオーストラリア横断。ダイエットより大切な、僕の命。<Number Web> photograph by Kenta Yokota

難所だと思っていたナラボー平原を4回も横断したという自転車店のスタッフと一緒に。これで横断できなかったら僕がダメみたいじゃないか……。

「屋根の下では雨宿りしないこと」

 偶然、屋根がある場所を見つけ、雨宿りを決め込む。雷が鳴り止むのをそこで待とうと思っていたのだが、雷が落ちるたびにこちらへ近づいてくることに気付く。このまま無事でいられるだろうか。念のため、携帯で雷の対処法を調べてみる。

「屋根の下では雨宿りしないこと。雷が落ちやすいです」

 今の自分の状態ではないか。死にたくない、街に戻ろう。そう思った瞬間、自転車に積んでいた大量の荷物が突然崩壊した。後輪の上にある荷台が壊れ、荷物すべて落ちてしまったていた。これはもう雷にうたれるしかないな……と呆然としていると、この大雨の中、突如として赤い軽自動車が現れて、運転席のおばさんが何やら叫んできた。

「なにをやっているの! 街に逃げなさい!」

「自転車が壊れて荷物が運べないんだ」

「その荷物は私の車で運んであげるから! 街の途中のガソリンスタンドで会いましょう!」

体重を減らすより、命を守るので精一杯。

「なんだ? このおばさんは」と思いながらも、とにかく緊急事態ということで、彼女に荷物を預け必死にペダルを漕ぐことにした。午前中に転倒した事件が脳裏によみがえる。大雨で道路が濡れていてハンドルが取られ転びそうになる。時速35Km。必死に漕ぎ続けた。怖かった。夢中で10分ほど走ると、なんとかそのガソリンスタンドに到着した。

 併設されたマクドナルドでおばさんとお茶をして、お礼を言い、自分で自転車の荷台を直した。どうやら、すぐ近くにキャンプ場があるらしい。今晩はそこに泊まろう。

 体重を減らすというよりも、自分の命を守ることで精一杯。最初の2日間はそうやって過ぎていった。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5

他競技の前後の記事

ページトップ