野ボール横丁BACK NUMBER

岡本和真の巨人入りを歓迎する理由。
大学・社会人で右の大砲は育たない? 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2014/11/06 10:30

岡本和真の巨人入りを歓迎する理由。大学・社会人で右の大砲は育たない?<Number Web> photograph by Kyodo News

高校通算73本塁打を放った岡本和真。背番号は長嶋茂雄元監督の3と原辰徳監督の8を合わせた38に決まり、期待の大きさが見て取れる。

岡本が入団する巨人は、大砲育成に理解がある球団。

 独立リーグで自分本来の姿を取り戻したAは、その後育成枠でプロへ進んだ。高齢だったためわずか2年で解雇されたが「まったく悔いはない」と、現在はサラリーマンとして第二の人生を送っている。

「社会人時代の監督に言われた捨て台詞だけは忘れたことがなかった。絶対に見返してやろうと。それが実現できただけでもよかったです」

 右の強打者が成長するために必要なのは、Aの場合がそうだったように、失敗を恐れずフルスイングできる環境である。そういう意味では、育成を主眼としたファーム組織を持ち、年間100試合以上あるプロ野球ほど適した環境はないのではないか。

 中でも巨人は'09年、東海大相模高から入団した右のスラッガー大田泰示に対し、まさにその環境を与えた実績がある。大田はファームで1年目から3年連続で100試合以上に出場している。残念ながら大田の場合はまだ伸び悩んではいるものの、巨人はスケールの大きな右の和製大砲を育てたいという欲が感じられる球団のうちのひとつだ。

 岡本はプロを選んだだけでなく、その中でも最適の部類に入るチームから声がかかった。あとは本人次第か。さて、どこまでのスラッガーに育つだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3
岡本和真
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ