SCORE CARDBACK NUMBER

混迷を極める残留争い。今季もサプライズはあるか。
~清水、C大阪は危機を脱せるのか~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2014/10/31 10:00

混迷を極める残留争い。今季もサプライズはあるか。~清水、C大阪は危機を脱せるのか~<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

カカウのゴールなどで29節は勝ったものの、昨季4位のセレッソ大阪は薄氷の戦いが続く。

 いよいよ終盤戦に突入した今季のJ1。優勝争いは浦和が頭ひとつ抜け出し、J1制覇に近づいている一方で、残留争いは混戦模様となっている。

 J2へ自動降格する3枠のうち、ひとつは徳島に決まった。昨季J2で4位からプレーオフを勝ち上がっての大逆転昇格だったが、戦力不足は如何ともしがたく、わずか1年での逆戻りである。

 しかし、残る2枠を巡る争いは熾烈を極める。第29節終了時点で、13位仙台、14位大宮、15位清水、16位甲府、17位C大阪が勝ち点4差にひしめく大混戦。12位名古屋との勝ち点差から考えて、この5クラブのうち、2クラブが降格の憂き目に遭うと見て間違いない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 606文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

これでいいのか? 日本代表。

Sports Graphic Number 864

これでいいのか? 日本代表。

 

関連記事

セレッソ大阪
清水エスパルス

Jリーグの前後の記事

ページトップ